検針にご協力を!

検針は2ヶ月ごとに行います

水道メーターの検針は、2ヶ月ごとの定例検針日に行います。
ただし、天候などにより、検針日が前後することがあります。
検針をしているイラストイメージ

偶数月検針地区、奇数月検針地区があります

給水区域を6ブロックに分け、1ブロックから3ブロックまでを偶数月検針地区とし、4ブロックから6ブロックまでを奇数月検針地区としています。
また、年を6期に区分し、4月・5月検針分から1期としています。

偶数月検針地区 奇数月検針地区
1ブロック
2ブロック
3ブロック
4ブロック
5ブロック
6ブロック
第1期 4月 5月
第2期 6月 7月
第3期 8月 9月
第4期 10月 11月
第5期 12月 1月
第6期 2月 3月

(注)地区については受持ちの水道局営業所へお問い合わせください。

(例)定例検針日が偶数月15日の場合

6/15日検針メータ指数103立方メートルから4月15日検針メータ指数63立方メートルを引くと第2期のご使用水量は40立方メートルになります。

水道メーターの読み方

矢印のところの数字をそのまま読みます。小さな赤い針はリットルの単位を示し、料金計算には関係しません。(この写真のメーター指示数は 103立方メートルとなります。)

水が流れると、矢印の赤色または銀色のパイロットが回ります。 もし、ご家庭のじゃ口を全部しめて、パイロットが回っていたらどこかで水が漏れています。

>>漏水したときは?


メーターの取替えにご協力を

水道局では、水道メーターを計量法に基づき、8年ごとに新しいものと交換しています。ご自宅にお伺いした際、作業の間、一時的に水を止めさせていただきますので、ご協力をお願いします。

>>詳細はこちらをご覧ください。

水道メーターの読み方

おねがい

  • メーターのまわりには物を置かないでください。

    ●メーターのまわりや上には物を置かないでください。

  • 増・改築などで、メーターが床下や屋内になる場合は、広島市水道局指定給水装置工事事業者に申し込み、検針しやすい場所に移しましょう。

    ●増・改築などで、メーターが床下や屋内になる場合は、広島市水道局指定給水装置工事事業者に申し込み、検針しやすい場所に移しましょう。

  • 犬は出入口やメーターから離してつないでください。

    ●犬は出入口やメーターから離してつないでください。

ページの先頭へ