水道局職員や水道料金集金員を装って、水道料金を請求する事件が発生しました

水道料金集金員を装って、「ご使用水量のお知らせ」で水道料金をだまし取る集金詐欺事件が発生しました。

通常、料金請求は、後日、請求書又は口座振替にて行っており、「ご使用水量のお知らせ」で水道料金を請求することはありませんので注意してください。

また、水道局職員及び委託集金員は、名札を着用し身分証明書を携帯していますので、不審な場合は、提示を求めて確認してください。

【事件の概要】
発生場所:広島市佐伯区楽々園三丁目
【状況】

●令和3年12月22日午前10時頃、紺色の上着を着用し、水道料金の集金に来たという男性に、3,201円を支払った。

●料金は口座引落しのはずだと思い、水道局に問い合わせをしたところ、集金に伺っていないことを確認し、詐欺であることが判明した。

●被害者によると、被害者自身が持っていた「ご使用水量のお知らせ」はがきを見て、3,201円と記載があったため、その金額を払った。領収書はもらっていない。

過去の事例についてはこちら

ページの先頭へ