サッカースタジアム建設予定地で発掘された水道管の展示について

令和3年5月13日に広島市中区基町のサッカースタジアム建設予定地(中央公園)で、広島市市民局文化スポーツ部文化振興課の埋蔵文化財発掘調査中に、水道創設期(明治時代)の水道管が出土しました。

口径・全長

口径:100mm程度 全長:4.5m程度

出土した水道管の全体図

製造者等

D.Y.スチュワード社(イギリス)1896年製

旧日本陸軍の★の刻印があり、軍用水道として布設されたもの


水道管に1896の文字 水道管に★マークとD.Y.S&Cの文字

出土場所

<図>の●印付近から出土

出土場所(スタジアム建設予定地)の様子 出土場所(図)広島市水道百年史より

展示

広島市水道局基町庁舎(広島市中区基町9番32号)の1階ロビーに展示しています。


開庁時間:月曜日~金曜日の8時30分から17時15分

 (祝休日、8/6、12/29~1/3を除く。)

ページの先頭へ