親子で学ぼう!森のふしぎ 実施報告

森林学習  

 実施日
 天 気
 場 所
 参加者数

令和元年7月27日(土)
晴れ
太田川源流の森・魅惑の里(廿日市市吉和)
40名

太田川源流の森と魅惑の里で、「親子で学ぼう!森のふしぎ」を開催しました。
梅雨も明け、暑い夏の始まりをつげるかのような天候の中、40名の親子にご参加いただき、森と水のかかわりについて目で見て、体で感じていただきました。


1. 森林学習 ~森と水のかかわりについて学ぼう!~

実験を通して、森の土のヒミツについて学びました。
土壌実験 森の土のヒミツ “少しずつゆっくり水を流す”

豊かな森の土は、山に降った雨をたくさん蓄え、川へゆっくりと水を流してくれています。
「川に水がいっぺんに流れたら、わたしたち人間は一度に使いきれないよね。」


2. 森林散策 ~森から水がうまれるところを見てみよう!~

森と水のかかわりを学んだところで、実際に水がうまれている場所を見にいきました。

水がうまれるところは、たくさんの命に囲まれた、とても美しい場所でした。

源流ポイント

3. 木工工作体験 ~地球をめぐる水の旅~

水のじゅんかんについて学び、「地球をめぐる水の旅」をイメージした工作を行いました。

海の水は太陽にあたためられ、蒸発(じょうはつ)して雲となり、雨や雪を降らせます。
山に降った雨や雪は森の土を通って川の水となり、やがて海へ流れていきます。
それをくり返し、水は地球の中をじゅんかんしているのです。


じゃぐっちー
木工工作① 木工工作②

さいごに

イベントにご参加いただいた皆さま、どうもありがとうございました。
本イベントをきっかけに、豊かな森を守るという気持ちを親子で育んでいただければと思います。

水道局では、豊かな森が太田川のきれいな水を育むことを、たくさんの方々に知ってもらい、清流・太田川を次世代に受け継いでいってもらうことを願っています。

じゃぐっちー
ページの先頭へ