広島の水道を知る見学会 実施報告

じゃぐっちーのイラスト 実施日 : 平成29年6月3日(土) 9:00~11:30 / 13:00~15:30    
場所 : 牛田浄水場、広島市水道資料館

広島市水道局では、水道週間(6月1日~7日)に合わせて、「広島の水道を知る見学会」を開催し、水道モニターの方をはじめ多数のお客さまにご参加いただきました。
この見学会では、お客さまに本市水道事業に対する理解と関心を高めていただくことを目的として、次のプログラムを実施しました。

1 浄水場の浄水工程の見学

太田川から取り込まれた水がどのような工程を経て安全でおいしい水道水になっていくのか、職員の説明を交えながら浄水場を見学しました。

牛田浄水場

2 水に関する実験

濁った水から透き通った水を作る凝集ろ過実験、水道水の塩素に関する実験などを通じ、水道について理解を深めていただきました。

凝集ろ過実験

3 応急給水実演の見学

災害時に市民の方へ水道水を運ぶ、給水タンク車からの応急給水を実演し、説明に熱心に耳を傾けていただくとともに、水を運ぶ体験を行いました。

応急給水

4 広島市水道資料館の見学

今年度リニューアルオープンした広島市水道資料館を見学し、広島市水道の歴史から災害に対しての備えまでたくさんのことを学んでいただきました。

水道資料館外観 水道資料館内部

さいごに ~参加者の声から~

水を安全においしく飲める水にする為、色々な工夫がされていることがわかりました。
広島市の水道創設が全国で5番目と知って驚いた。
災害に備えて水を運ぶ袋を用意しておくなど、一人一人が少しでも意識することが必要だと感じました。

見学会にご参加いただいた皆さま、どうもありがとうございました。安全でおいしい広島市の水道をこれからもよろしくお願いします。

今後も、たくさんの方々に、水道を身近に感じていただけるよう頑張ります!

お辞儀するじゃぐっちーイラスト 
ページの先頭へ