放射性物質の水道水への影響について                                  

2011年4月1日掲載

2012年4月2日最終更新

水道水中の放射性物質(ヨウ素‐131,セシウム‐134,セシウム‐137)については、広島市内で定期的に測定されています。現在のところ水道水中の放射性物質は不検出が続いており、水道水への影響はありませんのでご安心ください。

上水(蛇口水)の調査結果

調査結果については、下記のリンクからご覧いただけます。

【参考】広島市内の測定値(広島県保健環境センターのホームページ)
http://www.pref.hiroshima.lg.jp/soshiki/25/houshanou.html

※Bq(ベクレル)とは、放射能の強さを表わす単位です。
※国の管理目標値(平成24年4月1日)
・放射性セシウム:(セシウム134及び137の合計);10Bq/kg(ベクレル毎キログラム)

水道水中の放射能等に関するQ&A

question 広島市の水道水の放射性物質は測定していないのか
answer 水道水中の放射性物質(ヨウ素‐131,セシウム‐134,セシウム‐137)については、広島市内で定期的に測定されています。測定結果については、広島県保健環境センターのホームページ別ウィンドウで開きますで閲覧可能です。
question 広島市の水道水は原発事故によって影響は受けていないのか
answer 現在のところ水道水中の放射性物質は不検出が続いており、水道水への影響はありません。
question 放射性セシウムは浄水処理で除去できるのか
answer 放射性セシウムは、そのほとんどが濁りの成分(濁質)として水道原水に流入しているものであり、浄水場における凝集沈殿及び砂ろ過等の浄水処理により濁質とともに除去できます。
(注)測定頻度は、平成23年は1日1回、24年は3ヶ月に1回になりました。
ページの先頭へ