水質管理体制

広島市では、安全でおいしい水を供給するために、ダムなどの水源から浄水場の処理工程、各家庭のじゃ口に至るまで、定期的に水質検査を行い、水道水の水質管理に万全を期しています。

水源

水源である王泊ダム貯水池(太田川水系)や、土師ダム貯水池(江の川水系)の調査を行うとともに、太田川水系の河川について定期的に水質試験を行っています。

土師ダム貯水池での採水の様子
土師ダム貯水池での採水

取水場・浄水場

職員による監視や水質検査に加え、「水質監視モニター装置」、 「魚類自動監視装置」、「油膜検知装置」、「水中油分自動監視装置」等を導入し、24時間厳しく水質をチェックしています。
また、水質汚染事故に対して、迅速に対応するため、「水質試験車」を導入しています。

職員による水質検査の様子
職員による水質検査

魚類自動監視装置の写真
魚類自動監視装置
この装置は、水質の異常に敏感なメダカや川タナゴを水槽内で飼育し、その行動をテレビカメラとコンピューターで24時間連続監視、解析して、異常があれば自動的に警報を発信して、水質の異常を迅速に知ることができます。
油膜検知装置の写真
油膜検知装置
水面の反射率の変化を利用して、油膜の存在を検知し警報を発信する装置で、24時間連続して監視しています。
水中油分自動監視装置の写真
水中油分自動監視装置
原水中に溶存している油分を気化させてにおいセンサーで検出し、異常があれば警報を発信する装置で、油膜を形成しない油臭に対応できます。
水質試験車の写真
水質試験車
pH計や濁色度計等の携帯型分析機器を搭載し、水質汚染事故や水質調査の現場において迅速な対応を行っています。

給水栓(じゃ口)

遊離残留塩素の測定
遊離残留塩素の測定
皆さまに安全でおいしい水をお届けするため、 給水区域内95か所において、水道法で定められた定期的な水質検査を行っています。このうち32か所では、毎日、遊離残留塩素などの検査を実施しています。
水質監視モニター装置
水質監視モニター装置
また各浄水場系統区域の末端地区において、水道水の濁度・色度・遊離残留塩素・水温の4項目を24時間自動測定し、測定値を各浄水場に伝送する、「水質監視モニター装置」を導入しています。浄水場では、常に安全な水の供給を監視しています。
ページの先頭へ