みんなの水を大切に

わたしたちもできる汚れを出さない工夫

台所から出るよごれた水を、川や海にいる魚が住めるぐらいの水にうすめるためには、おふろの水(約200リットル)がこれだけ必要(ひつよう)になります。

米のとぎ汁200ミリリットルでお風呂の水0.8杯、みそ汁200ミリリットルでお風呂の水5.2杯、使用済みの天ぷら油200ミリリットルでお風呂の200杯、牛乳200ミリリットルでお風呂の16.6杯必要になります。

わたしたちがこれからもずっとおいしい水を飲めるように、川や海をよごさないようにしましょう。

  • 生活排水の流れ
  • 三角コーナー
    台所では…
    三角コーナーや生ゴミ受けには、水きりぶくろをつけましょう。
    天ぷら油と牛乳パック
    天ぷらなどに使った油は…
    • 牛乳(ぎゅうにゅう)パックに紙や布を入れ、油をしみこませる。
    • 油を固めるくすりで固めるなどして、もえるゴミとして出しましょう。
    洗濯機
    せんたくでは…
    せんざいの入れすぎに注意しましょう。
    入れすぎると、すすぎがたいへんになります。

上手な節水(せっすい)方法

かぎりある水を大切に使いましょう。

ポイント1残り湯を再利用して一回約100リットルの節約(せつやく)
残り湯の半分約100リットルをせんたく・そうじ・まき水に利用して節約
ポイント2食器を洗う時、ため洗いをして、一日約80リットルの節約
流し洗いでは7分間で約84リットルの水を使用しますが、ため洗いにすると約4リットルの水の使用量で洗えます。
ポイント3洗車をする時、バケツに水をくんで洗って一回約210リットルの節約
ホースでの洗車は、20分間で約240リットル。バケツに水を汲むとバケツ3杯の約30リットルで洗車ができます。
ポイント4洗顔は洗面器に水をためて使うと一回約11リットルの節約
水道水1分間で約12リットルを洗面器に水をためて使うと約1リットルで洗顔ができます
ページの先頭へ