令和元年度決算

令和元年度決算

水道は、お客さまの生命や健康に直接関わる重要なライフラインであるため、将来にわたって給水の安全性・安定性を確保していく必要があります。

このため、本市では、持続可能な水道システムの構築に向けて、平成30年度から令和3年度までの4か年を計画期間とする中期経営計画を策定し、「安全でおいしい水の供給」、「水道施設の更新・改良」、「災害対策の充実」を主要施策として掲げ、計画的な施設整備を推進しています。

また、「平成30年7月豪雨災害復旧」についても、主要施策の一つに加えて水道施設の復旧を図っています。

令和元年度は、この基本方針に沿って主要施策を推進するとともに、効率的な経営に努めました。

令和元年度広島市水道事業会計決算の概況

[水道事業の経営活動などに関する収支]
収益的収支の状況(税込み)収入は262億円で、その内訳は水道料金205億円、その他の収入が57億円。支出は241億円で、その内訳は維持管理費147億円、減価償却費82億円、支払利息12億円。21億円の収支差引が生じました。収支差引21億円から消費税資本的収支調整額等を除き、16億円の純利益を生じました。

[水道施設の建設改良などに関する収支]
資本的収支の状況(税込み)収入は36億円で、その内訳は企業債36億円、その他の収入2億円。支出は122億円で、その内訳は建設改良費66億円、企業債償還金56億円。84億円の不足額が生じました。不足額84億円は損益勘定留保資金等で補塡しました。

損益計算書 (一営業期間の経営成績を明らかにしたものです。)

令和元年度は当年度純利益16億円で、前年度(18億円)と比べ2億円減少しました。

※百万未満切捨  
  営業利益 経常利益 当年度純利益
  万円 万円 万円
令和元年度 △2 8300 15 9200 16 4200
平成30年度 1 9000 19 5700 18 9100
貸借対照表
(年度末における財政状態を明らかにするため、全ての資産、負債及び資本を総括的に表示したものです。)

令和元年度末の資産は2,229億円で、前年度末(2,247億円)に比べ18億円減少しています。

負債は1,177億円で、前年度(1,212億円)に比べ35億円減少しています。

資本は1,052億円で、前年度(1,034億円)に比べ18億円増加しています。

※百万未満切捨  
  資産 負債 資本
  万円 万円 万円
令和元年度 2229 8300 1177 3700 1052 4500
平成30年度 2247 8000 1212 9900 1034 8000
キャッシュ・フロー計算書
(一営業期間の資金繰りの実態を明らかにするもので、資金の流れを原因別に示しています。)
※百万未満切捨  
  Ⅰ業務活動によるキャッシュ・フロー Ⅱ投資活動によるキャッシュ・フロー Ⅲ財務活動によるキャッシュ・フロー 資金増減額
(△は減少)
(Ⅰ+Ⅱ+Ⅲ)
資金期末残高
  万円 万円 万円 万円 万円
令和元年度 72 7500 △55 4200 △21 7000 △4 3600 100 2400
平成30年度 70 1900 △57 5600 △17 6900 △5 0600 104 6000
経営指標
(業務指標のうち、財務の安全性、生産性を評価する、代表的な4つの指標の経年的な推移を表示しています。)
項目 年度 説明
28 29 30
経常収支比率 (%) 110.9 109.8 108.9 107.0 経常収益の経常費用に対する割合を示したもの。100%以上であることが望ましいとされています。
自己資本構成比率 (%) 62.7 63.8 64.7 65.3 自己資本の総資本に対する割合で、財務の健全性を示したもの。高い方が財務的に健全といえます。
流動比率 (%) 129.7 139.9 146.7 142.5 流動資産の流動負債に対する割合で、財務の安全性をみる指標です。100%以上であることが必要です。
職員一人当たり
給水人口
(人) 2,015 2,014 1,987 2,005 損益勘定所属職員の給水人口に対する割合で、職員一人当たりの生産性を示したものです。

なお、令和元年度決算の詳しい内容は、こちら。

ページの先頭へ