災害対策

 ライフラインである水道は、断水するとお客さまの生活や企業の活動に多大な影響を与えることとなります。また、近年、全国各地で大規模地震が発生しており、今後、「南海トラフ巨大地震」等広島市域にも大きな被害を及ぼす地震の発生が予想されていることから、水道局では震災対策に取り組んでいます。
 以下では、その取り組みをご紹介します。
 なお、より詳しく知りたい方は、広島市水道施設耐震化計画をご覧ください。

水道施設の耐震化

 地震による被害を最小限にとどめるため、計画的に水道施設の耐震化を推進します。災害拠点病院等の重要給水施設への配水管路については、優先的に耐震化を実施します。

施設の耐震化図
施設の耐震化
管路の耐震化図
管路の耐震化

バックアップ機能の強化

 事故や災害に備えて配水幹線の相互連絡管等のバックアップ施設を整備するとともに、停電に備えて非常用電源を確保します。

配水系統間のバックアップ図
配水系統間のバックアップ

応急対策の推進

 水道施設が被災した直後においても必要最低限の飲料水をお届けできるよう、拠点給水施設や応急用資機材を整備します。また、災害発生時にも迅速かつ的確な対応ができるよう、危機管理体制の充実を図ります。

給水タンク車による応急給水図
応急給水(イメージ)
ページの先頭へ