主要統計

ここに掲載した統計数値は、各年度末(3月31日)現在です。

基本事項

給水人口は増加しているものの、普及率は横ばい、年間給水量は減少傾向にあり、平成30年度においては、年度末給水人口は1,232千人、年度末普及率は98.1%、年間給水量は134,636千立方メートルでした。

給水人口及び普及率の推移
給水人口及び普及率の推移のグラフ
年間給水量の推移
年間給水量の推移のグラフ
 
項目 単位 30年度 29年度 増減
施設能力 m3/日 626,001 626,001 0
給水世帯数(注1) 世帯 581,085 575,592 5,493
給水区域内人口(注1) 1,255,471 1,254,645 826
給水人口(注1) 1,232,014 1,230,576 1,438
普及率 (注2) 98.1 98.1 0
年間給水量 千m3 134,636 135,080 -444
年間有収水量 千m3 127,237 127,698 -461
有収率 (注3) 94.5 94.5 0
1日最大給水量 m3 417,293 404,032 13,261
1日平均給水量 m3 368,867 370,081 -1,214
1人1日平均給水量 L 299 301 -2
配水管延長 km 4,648 4,640 8
職員数 (注4) 634 637 -3

注1 給水区域である安芸郡府中町・坂町並びに山県郡安芸太田町の一部を含む。

注2 水道をどれだけの方が利用しているかを表す指標で、高いほど普及が進んでいる。
普及率=給水人口÷給水区域内人口×100

注3 総給水量のうち、料金徴収の対象となる有収水量の占める割合で、高いほど効率的に給水できている。
有収率=年間有収水量÷年間給水量×100

注4 非常勤職員を除く。

財務に関する事項

平成30年度においては、水道水1立方メートルあたり給水原価は144.06円、供給単価は149.65円でした。

給水原価・供給単価の推移グラフ
(税抜)
項目 単位 30年度 29年度 増減
総収益 千円 23,897,858 23,819,679 78,179
総費用 千円 22,006,000 21,705,240 300,760
差引 千円 1,891,858 2,114,439 -222,581
給水原価(注5) 144.06 143.44 0.62
職員給与費 31.49 33.55 -2.06
支払利息及び企業債取扱諸費 10.60 11.50 -0.90
減価償却費 49.92 49.10 0.82
動力費 7.14 7.04 0.10
薬品費 0.51 0.58 -0.07
補修費 6.86 6.20 0.66
その他 37.54 35.47 2.07
供給単価(注6) 149.65 150.07 -0.42

注5 給水原価の算出基礎となる費用には、一般会計等から水道事業に繰り入れられる補助金が含まれている。これを控除すると水道水1立方メートルを作るのに必要となる経費は142.48円となる。

[計算式]

 [経常費用-(受託工事費+材料及び不用品売却原価+附帯事業費+長期前受金戻入+災害補助分)-
一般会計等繰入金<水道料金減免分等を除く>]÷年間総有収水量

注6 供給単価の算出基礎となる給水収益には、減免対象となる水量に係る料金は含まれていない。この料金は一般会計等から繰り入れられるもので、これを算入すると水道水1立方メートル当たりの販売価格は151.79円となる。

[計算式]

(給水収益+一般会計等繰入金<水道料金減免分>)÷年間総有収水量

料金に関する事項

項目 単位 30年度 29年度 増減
調定件数(1~6期のべ) 合計 3,445,161 3,423,047 22,114
家事用 3,163,437 3,142,358 21,079
業務用 280,801 279,754 1,047
公衆浴場用 132 132 0
プール用 791 803 -12
使用水量 合計 127,236,530 127,697,642 -461,112
家事用 m3 96,855,216 97,062,803 -207,587
業務用 m3 29,132,636 29,402,230 -269,594
公衆浴場用 m3 373,452 371,984 1468
プール用 m3 875,226 860,625 14,601
料金調定額(税込) 合計 20,563,671 20,697,091 -133,420
家事用 千円 12,213,829 12,280,129 -66,300
業務用 千円 8,212,752 8,281,830 -69,078
公衆浴場用 千円 25,381 25,281 100
プール用 千円 111,709 109,851 1,858

調定件数及び料金調定額は増加、使用水量は減少傾向にあり、平成30年度においては、調定件数は約3,445千件、使用水量は約1億2,724万立方メートル、料金調定額(税込)は、約205億6,367万円でした。

  • 調定件数構成グラフ
    調定件数構成グラフイメージ  
  • 使用水量構成グラフ
    使用水量構成グラフイメージ  
  • 料金調定額構成グラフ
    料金調定額構成グラフイメージ

注 各統計数値は、水道事業年報による。

大都市水道事業比較

大都市水道事業比較 (30年度末現在:数値の詳細については、各都市へお問い合わせください。)

  給水人口 普及率 年間給水量 有収率 一日最大
給水量
水道料金
(税込)
(注1)
給水原価
(税抜)
(注2)
供給単価
(税抜)
都市名 千m3 m3/日 円/m3 円/m3
広島市 1,232,014 98.1% 134,636 94.5% 417,293 2,408 144.06 149.65
札幌市 1,958,665 99.9% 190,250 92.9% 572,750 3,585 186.69 212.28
仙台市 1,058,549 99.7% 120,299 94.3% 359,172 4,212 198.01 208.91
さいたま市 1,305,516 99.9% 132,841 95.4% 394,510 3,434 191.16 212.78
東京都 13,501,213 100.0% 1,540,896 96.1% 4,602,000 2,710 200.72 196.22
川崎市 1,522,208 100.0% 180,974 92.6% 528,600 2,278 170.31 147.31
横浜市 3,741,272 100.0% 411,858 92.2% 1,217,400 2,652 170.51 170.07
新潟市 786,931 99.6% 101,068 94.0% 317,396 4,320 129.45 145.38
静岡市 684,602 97.8% 81,216 87.6% 248,206 2,210 112.53 126.93
浜松市 773,718 96.8% 88,259 91.0% 264,246 2,160 124.96 125.97
名古屋市 2,453,324 100.0% 278,105 94.8% 861,513 2,862 153.46 160.21
京都市 1,461,571 99.8% 182,226 90.7% 538,181 2,959 151.61 166.31
大阪市 2,728,981 100.0% 405,775 91.5% 1,220,200 2,073 129.16 160.35
堺市 837,312 99.9% 96,652 90.7% 289,940 2,484 156.20 164.95
神戸市 1,519,586 99.97% 186,022 93.1% 560,570 2,516 169.70 173.39
岡山市 706,232 99.8% 89,278 90.5% 273,298 2,894 144.66 156.06
北九州市 987,947 99.7% 109,930 90.2% 339,233 2,397 151.31 145.37
福岡市 1,574,675 99.6% 150,708 96.5% 451,036 3,294 184.88 219.17
熊本市 700,344 95.68% 80,608 87.71% 238,413 2,959 138.82 165.40

注1 家事用1ヶ月使用水量20立方メートル(口径20ミリメートル)の料金

注2 給水原価は各都市の算出方法とする。

普及率の比較

普及率は98.1%であり、大都市の平均(99.3%)を下回っています。

普及率の比較グラフ
※注 数値は、平成30年度(2018)の決算値を掲載している。
有収率の比較

有収率は94.5%であり、大都市の平均(92.4%)を上回っています。

有収率の比較グラフ
※注 数値は、平成30年度(2018)の決算値を掲載している。
水道料金の比較

家事用1か月平均使用水量20立方メートル(口径20ミリメートル)の水道料金(消費税及地方消費税相当額を含む)は2,408円であり、大都市の平均(2,864円)を下回っています。

水道料金の比較グラフ

※ 家事用1か月平均使用水量20立方メートル(口径20ミリメートル)の料金で比較している。
  消費税及地方消費税相当額を含む。

ページの先頭へ