工事・業務委託の電子納品の手引の一部修正について

これまで、工事写真及び業務委託成果品については、電子納品を「原則」として運用していましたが、この度、工事完成図のマイクロフィルムでの納品を廃止することに伴い、平成27年度工事・業務委託として入札公告する案件から、工事写真、工事完成図、業務委託成果品を電子納品の対象図書とし、電子納品を「義務化」することとします。
詳しくは、特記仕様書をご覧ください。また、作成にあたっては、「工事・業務委託の電子納品の手引」をご覧ください。
なお、「手引」に設備関係の内容を追記するとともに、一部、内容を修正しました。ご注意ください。

【参考】
工事完成図:現行と改訂の対比表
現行改訂
● マイクロフィルム
□保存カード・・・1式
※35mmマイクロフィルムに撮影後、アパチュアカードに貼付
□活用カード・・・1式
※複製ジアゾフィルムに貼付
● 電子媒体(CD-R)・・・2部
□CAD電子データ・・・1式
 SXF(SFC)形式、DWG形式
※IJCAD CIVILで正しく認識できるフォーマット
□PDF形式・・・1式


手引の策定、要領、基準の改訂について

次の手引の策定、要領、基準の改訂を行いました。
なお、「工事・業務委託の電子納品の手引」、「工事完成図等作成基準」、「CAD製図基準」の一部を修正しました。ご注意ください。

【参考】
ページの先頭へ